どのハクビシン対策が効果的?~天井裏の被害への対策~

ハクビシンによる被害は深刻!~天井裏から広がる被害~ ハクビシンによる被害は深刻!~天井裏から広がる被害~

ハクビシンの対策法は主に3通り

業者が行なうハクビシン対策は主に3通りあります。それぞれの対策方法について詳しく説明するので、どの方法が最適か見極めましょう。

業者によるハクビシン対策法

捕獲
一般人がハクビシンを捕獲するには、市や県に許可を得る必要があります。ハクビシンは鳥獣保護法の対象となっている動物なので、許可なく捕獲することができないのです。しかし、専門業者であればちゃんと許可を得ているので安心して任せることができます。捕獲の方法としては、網や素手で直接捕まえる「手取り」という方法や、虎バサミや檻カゴを使って捕獲する「ワナ捕獲」という方法の2つがあります。
忌避
ハクビシンは学習能力が高いため、天井裏が嫌な場所だと認識させることで近づかせないようにすることが可能です。ハクビシンの嫌いな臭いや音を使うことで、「ここは嫌な場所だ」と記憶させ、追い出したり再発を防止したりすることができます。忌避効果のあるものとしては、天敵の臭いの他にカプサイシンなどの刺激臭や、超音波、対策ライトなどが挙げられます。
侵入防止
無事にハクビシンを天井裏から追い出すことができたとしても、また戻って来られたら意味がありませんよね。そうならないように業者はハクビシンの侵入経路となる隙間を塞いでいきます。ハクビシンは4cmほどの隙間なら難なく侵入してきます。その隙間を見つけ出し、ネットなどを使って完全に侵入できないようにするのです。

天井裏への侵入に効果的なのは侵入防止策

ハクビシンが天井裏に侵入しているということは、どこかにその入り口があるということです。そもそも入口さえなければ天井裏に侵入されることもないので、劣化している通気口の柵がないか定期的に点検したり、外壁に開いている穴を塞いだりしてしっかりと侵入防止対策をしておきましょう。

TOPボタン