ハクビシン対策で天井裏の被害を回避しよう!

ハクビシンによる被害は深刻!~天井裏から広がる被害~ ハクビシンによる被害は深刻!~天井裏から広がる被害~

ハクビシンが天井裏に棲みつく理由は?

ハクビシンは害獣の一種で、主に天井裏や屋根裏に棲みつくことが多いです。なぜそういった場所を好むのか、ハクビシンの習性を知ることでその理由が見えてきます。

ハクビシンの特徴や出没場所

ハクビシンは本来、森の中で暮らしていました。樹木の上で生活しており、手足を器用に使って高い場所に生っている木の実を食べます。しかし、ここ最近で都市部でもハクビシンが目撃されるようになってきました。ハクビシンは様々な環境に適応する能力が高く、民家の天井裏でも生活できてしまいます。天井裏や屋根裏は本来の住処と環境が似ていることもあり、ハクビシンが営巣しやすいのです。

ハクビシンの被害に遭った人の声

天井裏に取り付けた断熱材がハクビシンに傷つけられた(40代/男性)

省エネのためにと天井裏に断熱材を取り付けたのですが、ハクビシンに侵入された際に食い破られてしまいました。業者の人が言うには、断熱材の中のウールをベッド代わりにしていたようで、居心地が良く棲みついてしまったとのことでした。一瞬「可愛い」と思ってしまいましたが、それ以上に被害が大きかったのですぐに駆除とハクビシン対策をしてもらいました。

家の中でダニやノミなどの数が増えてきて困っています(30代/女性)

最近、天井裏で物音がするようになったんですが、ねずみか何かだろうと思って放置していました。1か月経ったくらいから、ノミやダニに刺されることが多くなり、うちで飼っている犬も体がかゆそうにしていました。後で分かったことですが、天井裏にいたのはハクビシンだったみたいで、その体に寄生していたノミやダニが原因でした。もっと早く気付いていればよかったと後悔しています。

生活に大きな支障をきたす厄介な害獣

このように、ハクビシンは私たちの生活に様々な悪影響を及ぼします。家だけでなく、その家に住んでいる人間の身体にも深刻なダメージとなるため、ハクビシンが棲みついているのであれば、早急に業者にハクビシン対策を依頼しましょう。

TOPボタン